今日は、「土用の丑の日」

2017年は、土用の丑の日が2回あるんです。

通称″二の丑″

[char no=4 char=”みえ吉”]土用の丑は、江戸時代に、平賀源内という人が考案したんやって
[/char]
うなぎが売れなくて困っていることを相談された平賀源内は、「本日、丑の日という張り紙を店に貼る」ことを発案。

これが功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったようです。
[char no=4 char=”みえ吉”]この背景には、「丑の日は、″う″から始まる食べ物を食べると夏負けしない」と言われてたんやで[/char]

この風習を各地のうなぎ屋がマネをして、いつの間にか「土用の丑」という風習が根付いたと言われています。
[char no=6 char=”みえっ子”]まぁうんちくはこの辺にして、美味しいうなぎ屋を探してようやく辿り着いたのがこのお店
[/char]

松阪市にあるうなぎ料理専門店「わかや」です。

美味しいって評判は聞いていたので、混雑は必至です。

しかも、今日は「土用の丑の日」

予約が可能とのことで、13時に予約をして訪問しました。

 

阪内川の川沿いを走っていると「わかや」発見!!

日曜日の13時で駐車場は満車です。

しばらく待ってからようやく店内へ。

今回は、予約をしてあったので、スムーズに席に案内してもらえました。

1階と2階に席があり、テーブル席と座敷があります。

部屋もほどよく区切ってあるので半個室になっています。

サインがたくさん飾ってあります。

きっと有名人もたくさん来店しているんでしょうね。

1階で壁に貼ってあるメニューを見て、注文します。

 

うなぎ料理専門店わかやのメニュー

松阪で最大級のうなぎを使用しているとあって期待できますね。

最高級の新仔鰻を使用!と書いてありますね。
[char no=4 char=”みえ吉”]新仔鰻は、普通の鰻よりも大きくて、若いから身が柔らかいんやって[/char]
[char no=6 char=”みえっ子”]選び抜かれた鰻だから希少なんやね。
[/char]
さて、今回は、中丼、特丼、小さなひつまぶし(1日20食限定)を注文。

待つこと10分ほどで、いよいよ待ちに待ったうなぎとご対面。

【中丼(1,880円)】

これぞ美しきビジュアルです!大ぶりなうなぎが2切ドドーンとご飯の上にのっています。

タレが艶やかに光り輝く姿に思わず見とれてしまうほどです。

そして、外はパリパリのサクサクなのに、中は超絶にふわふわな食感。

すごく手間がかかった仕事をしているのが分かります。

しっかりと厚みがあり、食べ応えも十分。

タレはやや甘めですが、くどさは無く、さっぱりとしています。

吸い物には肝が入っています。

これも柔らかくて美味。

 

次はこちら

【特丼(2,950円)】

見た目のインパクトが凄いですね!

一切れがすごーく大きいので食べ応え満点。

これを頼めば間違いないでしょう。

こちらにも肝吸いと漬物が付いてきます。

【小さなひつまぶし(2,750円)】

こちらは、1日20食限定。

丼はやや小さめですが、うなぎのボリュームは十分すぎるほど。

ひつまぶしは、いろんな食べ方ができるので、楽しみ方も倍増!

という訳で、「土用の丑の日」にうなぎを堪能できました。

質の良いうなぎを使っているだけあって、味は申し分ないほどおいしいです。

満腹になって大満足です(笑)

関連ランキング:うなぎ | 松阪駅