今回は、津駅の屋上にあるビアガーデン「丸五水産」に行ってきました。

丸五水産は、2017年8月にオープンしたお店。

まだオープンして2か月半ということでどんなお店なのでしょうか?

 

丸五水産は、もともとは水産加工の卸会社のようです。

だから、新鮮な魚介類を食べ放題で提供できるんですね。

さて、津駅ビルを屋上に上がると海鮮のいい匂いがしてきます。

木曜日19時に来店したのですが、仕事と終わりのサラリーマンや女子会などでお店は盛り上がっていました。

受付で料金を支払います。料金は前払い制。

大人料金で90分/4,000円か120分/4,500円のコースが選択できます。

90分コースでもプラス500円で30分延長が可能なので、最初は90分コースをチョイス。

全てセルフのバイキング方式です。

キンキンに冷えたグラスで、まずはビールで乾杯♪

お酒は、酎ハイや日本酒なんかもありますよ。

その他、ノンアルコールビールやソフトドリンクも飲み放題です。

いよいよ海鮮コーナーへ。

<伊勢志摩産の活サザエ、千葉県産のホンビノス>

ホンビノスって何?って聞いたところ、東京湾に生息している貝のようでハマグリとアサリの中間のような味わいだそうです。

クラムチャウダーによく使われている貝とのこと。

<三重県産いわし>

旬の「さんま」も出ていました。

身がプリプリで店員さんのおすすめ。

海鮮以外にも鶏焼きや、焼き野菜もあります。

充実の品数。ビールによくおつまみランキング上位に入るラインナップばっかりです。

サザエも取り放題!

こちらは、煮てあるので、焼かずにすぐ食べたい方オススメ!

爪楊枝を使えば、身がきれいに取り出せますよ。

各テーブルに備え付けられている七輪で焼きます。

ホンビノス貝は身がぎっしり詰まっていて食感はハマグリに近いです。

オオアサリとハマグリの食べ比べもできちゃいます。

旬のさんまは、身がプリプリで食べると口のとろける食感。

ポン酢をつけて食べるとさらに味が引き締まります。

真カキは、アルミホイルに包んで15分程度焼きます。

<三重県産 真カキ>

殻をあけると身がぎっしり詰まったカキが顔を出しました。

めっちゃクリーミーな味を堪能。

締めにみそ汁と頂きました。

 

90分という時間でしたが、あっという間です。

終了時間が近づくと店員さんが「5分前でーす」ってわざわざ、教えてくれます。

時間きっちりの退出なので、守りましょう(笑)

 

とにかく、こんなに海鮮を堪能できたのは、今までにないくらい満喫しちゃいました!

ただし、七輪が小さいので大勢で行く際には、できる限り分かれて座った方が、たくさん食べることができますよ。

ビアガーデンなので夏季限定かと思いきや、ずっと営業は続きそうなので、季節によって旬の食材を楽しめそうです。