今回は、津市にある唯一の二郎系ラーメン店である楽人をレポートします。

土日祝は、待ち時間覚悟をしていかなければならない程の人気店です。

楽人は、津新町駅から西に5分ほど行った場所にあります。


(楽人の外観)
新しい外観で綺麗です。
極太麺をしっかりとアピールされています。


(楽人の店内)
店内は、こじんまりとした作りになっており、カウンターとテーブル席があります。


(楽人のラーメンメニュー)
ラーメンは、醤油をベースにした味と味噌の2種類。
普通に注文しても、麺200グラムと、巷のお店よりもボリュームがあります。

こんな注意書きがあります。
通常のラーメンの1.5倍あるとの事ですが、食べきれそうにない人は麺を少なめにできるようです。
その代わりに味玉がつきます。
女性の方は、麺を少なめにする人が多いようですね。

大盛りは300グラムで100円プラス、更に特盛は400グラムで200円プラスとなっています。

初心者は、200グラムか300グラムにしておくのがオススメだそうです。

【二郎系ラーメン楽人のトッピング】


野菜増し、カツオ増し、背脂増し、カラメ増し、ニンニク増しが全て無料です。

トッピングの量についても選択することができ、ちょい増し、増し、増し増し、バカ増しの4パターンから選ぶ事ができます。

いろいろ、選択肢が多すぎて注文するのに迷ってしまいそうですが…
今回は、ラーメンの麺大盛りを注文。
トッピングは、野菜増し、カツオ増し、カラメ増しを選択しました。

待つこと、約10分。
テーブルの上に運ばれてきたのがこちら。

今にも、溢れそうなぐらいにたっぷりの盛られたキャベツと、もやし。
その下には、大盛りのラーメンと、並々と盛られたスープ。

これは、食べ応えがありそうです。

極太麺とアピールしてありますが、そこまで太くはないです。
コシがあり、しっかり噛み応えがあります。


分厚く切られたチャーシューは、柔らかくしっかり味が染み込んでいます。
ラーメンの見た目でチャーシューが影に隠れてしまいがちですが、楽人のチャーシューは絶品です。
久しぶりに美味しいチャーシューに出会えました。

スープは、カラメを増しにしたので、やや濃いめです。
野菜の水分を考慮するとキャベツ増しに対して、カラメはちょい増しぐらいがちょうど良いバランスかもしれません。

人それぞれ好みがあるのでなんとも言えませんが、楽人に、何度か足を運び自分のベストなラーメンを探すのも楽しいかも。

ちなみに、キャベツのバカ増しは、初心者は辞めておいた方がいいです。
キャベツを食べても、食べても麺に辿りつけない上に、周りのお客さんから注目を浴びます(笑)