今回は、三重県津市にある温泉旅館「磨洞温泉 涼風荘」をレポートします。

津市のやや南側に位置する磨洞温泉 涼風荘は、昭和37年創業された老舗旅館です。

高級感はないですが、どこか昭和の雰囲気があり、落ち着いて過ごせるアットホームな旅館の印象を受けました。

磨洞温泉 涼風荘は、洞窟で食事ができることで、話題になりましたが、

今回は、日帰り温泉を体験してきました。

磨洞温泉 涼風荘の日帰り温泉

フロントで受付を済ませると、温泉の場所まで案内してくれます。

案内してくれたのは、さわやかなお兄さんで丁寧に接客してくれたので、好感が持てました。

温泉は宿泊棟とは異なる建物にあり、別館まで歩きました。

いよいよ到着!

image

男湯は手前、女湯は奥にあります。

飲料水の自動販売機もあるので、ジュースやお茶などが購入できますよ。

image

脱衣所は、12畳ほどのスペースです。

こじんまりとしていますね。

アメニティは、髭剃りと、クシが使えますよ。

image

こちらが、磨洞温泉です。

露天風呂となっており、岩を組み合わせた作りになっています。

約10人程度が入れる温泉で決して大きくはないですが、

開放的な空間なので、狭い感じはありません。

私が訪問した時は、平日の昼間だったので貸切状態でした。

image

貸切洞窟風呂 海賊の湯があります。

こちらは、別途料金が必要ですが、磨洞温泉の洞窟風呂を体験することができます。