今回は、三重県総合博物館(ミエム)の第16回の企画展「みんなの のりもの大集合」に行ってきました。

こちらのイベントは、2017年7月8日~9月18日まで開催。

高校生以下は無料なんですが、企画展なので大人は有料(800円)です。

他の企画展も見る予定なら、年間パスポート(1640円)の購入がオススメ。

 

「みんなの のりもの大集合」は、三重県各地の乗り物が展示されており、文化や歴史が紹介されています。

電車やバス、船といった私達に身近な乗り物が、三重県と共にどのように発展してきたのかを知ることができます。

 

御在所ロープウェーのゴンドラが展示してあり、中に入って乗ることもできます。

御在所で乗ると開放的な景色でゴンドラ内は広く感じますが、動いてないゴンドラはちょっと狭く感じました。

 

模型好きには、たまらないジオラマも展示してあります。

三重の風景がリアルに再現されています。

 

歴史を感じる制服コーナー。

近代化に伴って、制服も機能的になっていますね。

 

昔に作られた電車は今よりも小さかったんですね。

座席の間隔や幅が狭いなぁ。

 

バスのコーナーもあります。

三重県バスと言えば、「三重交通」ですね。

ここでは、バスが発展してきた歴史が学べちゃいます。

 

という訳で、実際に、乗り物に乗ったりすることはできないので、小さい子どもが楽しむにはちょっと不向きかもしれません。

でも、夏休み・・・自由研究の宿題があってテーマに困るなぁってお子さんがいたら、このイベントをお勧めします。

MieMuの紹介は⇒こちら